2005年08月11日

<■■富士通 携帯電話ニュース:20050401-20050703>

<■富士通 携帯電話ニュース:20050606-20050703>

●ユビキタスの実現にはバックボーン側の対策も必要に(インフラ)(au)(富士通)
[Interop Tokyo] KDDI研究所、富士通
http://www.rbbtoday.com/news/20050610/23345.html

●「F901iS」「D901iS」にSymbian OS搭載 (端末)(ソフト)(富士通)(三菱)
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0506/15/news033.html

●富士通とエプソン、「FRAM」を共同開発へ (IT)
http://www.asahi.com/business/update/0615/147.html

●富士通、256バイトのFRAMを搭載したRFIDタグ用LSIを発売(富士通)(ICタグ)
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=103882&lindID=1

●富士通、「非接触型手のひら静脈認証装置」のワールドワイドでのビジネス展開を開始(部品関連)(富士通)
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=104105&lindID=4



<■富士通 携帯電話ニュース:20050501-20050605>

●富士通、情報家電の遠隔制御ソリューションを提供開始(サービス)
http://japan.internet.com/webtech/20050530/5.html

●富士通BSC、3G携帯OSでシンビアン社とプラチナ・パートナー契約を締結(ソフト)
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=101266&lindID=1

●富士通やトヨタなど50社、デジタルラジオ団体を立ち上げ (全般)
「デジタルラジオ・ニュービジネスフォーラム」(仮称):受信機の仕様を決める
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20050528AT1D2707D27052005.html

●富士通、IPで音声とデータ融合の「Voice&Webソリューション」体系を確立(サービス)
 第一弾の製品として、IPテレフォニーシステム「CLシリーズ」販売開始。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=100787&lindID=1


●富士通:時速300kmの高速移動中でも100Mbpsの高速通信を実現する無線技術(技術)
http://www.rbbtoday.com/news/20050518/22834.html
・富士通、高速移動時のデータ通信を実現する技術を開発
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20083655,00.htm

●インテルと富士通、相次いでWiMAX対応チップの出荷を開始(2005/04/22)
http://japan.zdnet.com/news/nw/story/0,2000052526,20083086,00.htm

●インテリジェント車いすロボット :障害物よけ、自動走行(ICタグ)(IT)
アイシン精機が産業技術総合研究所、富士通と共同開発。
GPS、地磁気センサー、小型無線ICタグから情報取得。
http://mytown.asahi.com/aichi/news01.asp?c=40&kiji=83

●富士通:第4世代携帯向け基地局装置を開発 (技術)
4GHz帯域のフィルター装置:中核部品にイットリウム系の超電導材料
http://it.nikkei.co.jp/it/news/index.cfm?i=2005050804365j0


●シンビアン:搭載機増加で売上倍増──英Symbianの第1四半期決算 (全般)(ソフト)
売上高は2480万ポンド=約50億円。
Symbian OS搭載機は、前年の240万台から675万台に。累計出荷台数3200万台
第1四半期には、富士通、三菱電機、パナソニック、ノキアの4社が計9機種のSymbian OS搭載機を出荷
第2四半期では9社が200以上の通信キャリアに向け、48機種のSymbian OS搭載機を販売
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0505/12/news061.html



<■富士通 携帯電話ニュース:20050401-20050430>

●富士通、WiMAXチップ開発──基地局/端末双方で利用可(部品関連)(技術)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/mobile/articles/0504/22/news087.html
・【続報】WiMAXに力入れる富士通,米国では試作機使い実演(技術)
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20050422/104103/

●富士通の04年度決算,3G基地局や光伝送が好調もSIが減収減益(全般)
第3世代携帯電話基地局や伝送システムが好調。経常利益は78.9%増890億円。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NCC/NEWS/20050427/160284/

●NTTデータと富士通、NEC、日立製作所、生産履歴の追跡で連携を発表(全般)(ICタグ)
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20050420AT1D2007S20042005.html

●富士通研究所、10GbEレイヤー2スイッチの1チップ化や
 グリッドコンピューティングのビジネス応用など研究成果を発表(IT関連)
http://ascii24.com/news/i/topi/article/2005/04/08/655274-000.html


●富士通とアルカテルが中国3G市場に参入、シェア15%目標(中国)
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/elec/368618

●富士通は次世代携帯電話向けにデータ受信品質を高める技術CCMRM方式を開発
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2005/04/1.html

●IT・通信関連団体「パーレイ」が携帯電話の国際標準技術の採用を要望
・英米、オランダで採用。中国、韓国でも導入試験中。
<パーレイ情報>
・パーレイはネットワークインフラの差異に関わらずサービスを提供できる共通APIを規定する団体
・パーレイは音声データをプログラムで利用する「Parlay/OSA」、ウェブサービスで利用する「Parlay-X」などの規格を策定
・BT、IBM、マイクロソフト、NTT、富士通など75社が参加している。
・「電話と情報システムの連携にはユーザー企業の協力が不可欠」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NC/NEWS/20050325/158026/

●2004年度携帯電話端末メーカー別出荷台数 NEC、シェア急落(調査)(製品)
・携帯電話出荷、12%減少の4397万台
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/art-20050420222536-PPGBOUMOTC.nwc
===================================
・NEC     817万台 ▲29.8%
・パナソニック 760万台 ▲ 2.8%
・シャープ    628万台  11.0%
・三洋電機   424万台   4.4%
・東芝      353万台 ▲17.0%
・ソニー・エリ  346万台 ▲16.8%
・三菱電機   331万台 ▲19.3%
・富士通     328万台 ▲ 2.1%
===================================
posted by fuz at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5793727

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。